雑誌 「WIRED」で弊社石川善樹の連載第2回目が更新されています!

WIRED(VOL.16 5/10発売号)で弊社石川 善樹の連載『ぼくらのグランド・チャレンジ 21世紀の問いの技法』が掲載されています。

 

解くべき課題を見極めるのが難しい21世紀。どの課題を突き詰めていくべきか、という「問い」の本質に迫る当連載。

 

第二回目のタイトルは「アインシュタインの『センス』」

 

Einstein

 

アインシュタインは28歳の時「自由落下する人は重力を感じないのではないか?」という問いを考えつきました。

 

問いに対し、生涯をかけて深く突き詰めた結果として、彼はかの有名な一般相対性理論を完成させ、人類の歴史に名前を刻むこととなります。

 

同様に、「木がりんごから落ちるのはなぜだろう?」という問いを立てたニュートンも、後に人類にとって重要となる真実を発見します。

 

彼らが人類史に残る「真実」を発見できたのはなぜか。

 

それは、「問い」のセンス

 

すなわち、「解ける問題の中で何がおもしろいのか?」をかぎ分けるというセンスがあったからであると、石川は説明します。

 

常識に染まりきった私たちが、センスのいい「問い」をするにはどうしたらいいのか?

 

目先の正解に飛びつくことなく、正しく問うにはどうしたらいいのか?

 

次回の連載では、問うことの本質について考えていきます。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です